ヒートマップ

ヒートマップとは?

ヒートマップとは、ユーザーのモニター上での閲覧データを可視化するために、画面を行列に分割し、閲覧状況に合わせて行列型の数字データに強弱をつけ、それぞれを色で視覚化するアクセス解析手法です。

ヒートマップの仕組み

モニター上でのマウスの動きを追跡し、ログデータとして取得します。このログデータを行列型の数字データに変換し、レイヤー上にヒートマップを表示します。
ユーザーの視線とマウスの動きには80%以上の連動性がある事が実証されており、マウスのログデータをヒートマップとして表示することにより、ユーザーの視線=思考を可視化することができるという仕組みです。

ヒートマップのサンプル
①クリックエリア判定
ページ上のどこで多くクリックをされているか判定します。こちらではニュースページへ飛ぶボタンが多くクリックされています。
②熟読エリア判定
ページ上のどこが注目されているかを判定します。こちらでは中央のキャッチコピー部分が最も赤く、注目が集まっています。
③マウス移動判定
ページ上でマウスをどのように動かしているかを判定します。
④終了エリア判定
ページのどこまでをみて閲覧を終了しているかを判定します。
ヒートマップのメリット

ウェブサイト全体のアクセス解析などを行うシステムとしてはgoogle analyticsなどが有名ですが、アクセス解析システムではページ内でのユーザーの行動を把握することができません。
ヒートマップを使えばユーザーの具体的な行動が把握でき、何をどう改善すればいいのかを容易に掴むことができます。

関連記事

  1. IA(情報アーキテクチャ)

  2. SEM

  3. e-ブランディング

  4. デザイン思考型アプローチ

  5. コンテンツマーケティング

  6. デザインマネジメント

  7. モバイルファースト

  8. グロースハック

PAGE TOP